スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後について

2011.11.16 *Wed
お久しぶりです。
HDDがカタカタ言い出してマシンの動作がかなりヤバイFです。
2.0を開発するといいながらこの放置っぷりですみません。

仕事がデスマってたのもありますが、
モチベーションが上がらないのが一番の原因でして…。


申し訳ありませんが、東方叙事詩1.13はこちらでの
アップデートは今後無いんじゃないかと思います。
なので、バグフィックス、バランス調整、文明追加等は
有志の方々で自由にやって頂いてかまわないです。
公開は掲示板でもWikiでも何でもつかってもらって結構です。

プログラム系でわからないことがあれば、
聞いてもらえればお答えしたいと思います。
メールでもコメントでもいいですが、
IRCにはちょくちょく入っているのでそちらに
来てもらえるとありがたいです。

メモ書きですが、SDKの変更点についても
公開するのでよろしければなにかの参考にしてください。
内容はこの記事の「続き」部分に記載しておきます。



叙事詩2.0に関しては、実質頓挫状態です…。
最近某教授がCiv5の解説動画をアップし始めたのを受けて、
Civ5での叙事詩2.0の開発も考えたりしてはいるのですが…

プログラム的なところはやってやれなくはないと思いますが、
問題はグラフィック面ですかねぇ。
なにか出来たらまたちょっと更新をしてみます。



以下、SDK変更点のメモ



CvPlayerAI.cpp
void CvPlayerAI::AI_doTurnUnitsPost()

コンバットタイプがボスの場合は削除をしないように
おなじく上海を削除しないように


CvUnit.h CvUnit.cpp CyUnit.h CyUnit.cpp CyUnitInterface1.cpp
m_NumCombatComboを追加
setNumCombatComboを追加
getNumCombatComboを追加

Interfaceに要素?追加
pythonからも呼び出せる関数を追加するには、ここにも追加が必要


CvGameCoreUtils.cpp
bool isPromotionValid(PromotionTypes ePromotion, UnitTypes eUnit, bool bLeader)
移動力1でも電撃戦が獲得できるように修正
前提が内気功1ならば、前提は満たしているとして判定


チルノのスペルによる氷河が5ターンくらいで溶けるように
CvPlot.h CvPlot.cpp CyPlot.h CyPlot.cpp CyPlotInterface1.cpp
int m_iCirnoFreeze;を追加
setNumCirnoFreezeを追加
getNumCirnoFreezeを追加

元の状態を保存しておくため
int m_iOriginalBounu;を追加
setOriginalBounuを追加
getOriginalBounuを追加
int m_iOriginalTerrain;を追加
setOriginalTerrainを追加
getOriginalTerrainを追加

ボーナスのスペルミス・・・

渦の持続ターン
CvPlot.h CvPlot.cpp CyPlot.h CyPlot.cpp CyPlotInterface1.cpp
int m_iVortexTurn
setNumVortexTrun
getNumVortexTrun


世界魔法用変数・関数の追加 セーブロード
CvPlayer.h .cpp CyPlayer.h .cpp CyPlayerInterface1.cpp
getNumWorldSpell();
setNumWorldSpell(int iNum);
int m_iNumWorldSpell; 初期値1

ミステリウム用の変数追加
CvPlayer.h .cpp CyPlayer.h .cpp CyPlayerInterface1.cpp
m_iMysteryiumFlag
getMysteryiumFlag()
setMysteryiumFlag()

東方ユニットのルート決定用
CvPlayer.h .cpp CyPlayer.h .cpp CyPlayerInterface1.cpp
m_iAIPromotionRoute
getAIPromotionRoute
setAIPromotionRoute

スペルのマルチ使用可能
CvDefines.h
#defaine PYSpellModule
外部関数呼び出しよう

CvUnit.cpp
canAutomate
automate
オートメートアクションがきたときの処理

CvInfos.cpp
CvAutomateInfo::read
どうにも普通にやると呼んでくれないので、
無理やり値を設定してる

ボスユニット枠の追加
CvPlayer.h .cpp CyPlayer.h .cpp CyPlayerInterface1.cpp CvCity.cpp
getNumTohoUnitLimit();
setNumTohoUnitLimit(int iNum);
int m_iNumTohoUnitLimit; 初期値1
getNumTohoUnit();
setNumTohoUnit(int iNum);
int m_iNumTohoUnit; 現存する東方ユニットの数 初期値0

スペルの使用ターン数制限用
CvUnit.h CvUnit.cpp CyUnit.h CyUnit.cpp CyUnitInterface1.cpp
m_iNumSpellCardBreakTime;
m_iNumSpellExtraBreakTime;
m_iNumSpellPhantasmBreakTime;
int getNumSpellCardBreakTime():
void setNumSpellCardBreakTime(int iNum)
int getNumSpellExtraBreakTime():
void setNumSpellExtraBreakTime(int iNum)
int getNumSpellPhantasmBreakTime():
void setNumSpellPhantasmBreakTime(int iNum)


追加した変数がセーブロードされるように
それぞれのクラスにあるread write関数で保存、読み込み時の処理が追加できる

倒された回数をカウントするためのもの コンバート関数もいじる
CvUnit.h CvUnit.cpp CyUnit.h CyUnit.cpp CyUnitInterface1.cpp
m_iNumLoseCount 追加
setNumLoseCountを追加
getNumLoseCountを追加


CAレベルシステム用
 スペカ使用回数と特殊昇進獲得の回数の保持
 現在のCAレベルの参照関数
  コンバート関数もいじる必要がある
 CvUnit.h CvUnit.cpp CyUnit.h CyUnit.cpp CyUnitInterface1.cpp
  m_iNumCastSpellCard
  m_iNumAcquisSpellPromotion
  setNumCastSpellCard
  getNumCastSpellCard
  setNumAcquisSpellPromotion
  getNumAcquisSpellPromotion
  countCardAttackLevel

変身用
 とりあえずすいかの変身時間保持用
 CvUnit.h CvUnit.cpp CyUnit.h CyUnit.cpp CyUnitInterface1.cpp
  m_iNumTransformTime
  setNumTransformTime
  getNumTransformTime


ハンマーの補正値が0%以下になると落ちるバグを修正
 おそらく0除算が原因
 CvCityAi.cpp
  AI_yieldValue 7257行
  
  
カスタムオプション用
 CvEnums.h CyEnumsInterface.cpp
 CvCity.cpp
  canStruct

ユニットに倒されたとき用のフラグを追加
 CvUnit.h CvUnit.cpp CyUnit.h CyUnit.cpp CyUnitInterface1.cpp
  m_bLoseByPlayer
  setbLoseByPlayer
  getbLoseByPlayer

スペルの説明を動的に
 CvDLLWidgetData.cpp

マウスオーバーポップアップに説明を追加
 CvGameTextMgr.cpp

弾幕耐性・ターン毎の自動経験値獲得確率のカウント
 CvUnit.h CvUnit.cpp CyUnit.h CyUnit.cpp CyUnitInterface1.cpp
  countSpellTolerance
  countExpByTrun

自然治癒レートをカウント
 CvUnit.h CvUnit.cpp CyUnit.h CyUnit.cpp CyUnitInterface1.cpp
  CountAutoHeal

森羅結界を自動で取得するための変数を追加
 UGやセーブロードでの値は引継ぎ 森羅以外での復活時も引継ぎ
 CvUnit.h CvUnit.cpp CyUnit.h CyUnit.cpp CyUnitInterface1.cpp
  m_iSinraDelayTurn
  setSinraDelayTurn
  getSinraDelayTurn


AI東方ユニットの昇進ルート選択用
 UGやセーブロードでの値は引継ぎ 復活時も引継ぐが、スタンドバイになった時点で再ルーレット
 CvUnit.h CvUnit.cpp CyUnit.h CyUnit.cpp CyUnitInterface1.cpp
  m_iAIPromotionRoute
  setAIPromotionRoute
  getAIPromotionRoute
  


戦闘職いじりよう昇進
 CvUnit.cpp
  baseCombatStr
 
地形の産出変化用
 CvPlot.cpp
  culculateYield

プロジェクトとかの補正用
 CvCity.cpp
 CvPlayer.cpp

いろんな目的に使える多目的変数
 UGやセーブロードでの値は引継ぎ 首都復活時にリセット とりあえず復活引継ぎは決死と森羅
 アップグレード時には新旧の合算がとられる
 CvUnit.h CvUnit.cpp CyUnit.h CyUnit.cpp CyUnitInterface1.cpp
  m_iSpecialNumber
  setSpecialNumber
  getSpecialNumber
  ゆうかりん:無償Phanスペルの使用回数
  ゆかりん:スキルによる復活フラグ
  おりん:スキルによる経験値取得回数 ターン開始時にリセット

アップグレード時に、UG先のユニットの昇進も受け取れるように
 CvUnit.cpp

ユニット生産補正の最小値を変更 0→-50
 CvCity.cpp


スーさんつきめらんこへの変換をSDKレベルで行うように
 CvUnit.cpp upgrade()

都市に花畑用の変数追加
 CvCity.h .cpp CyCity.h .cpp CyCityInterface1.cpp
 m_iNumFlowerGardenTurn
 setFlowerGardenTurn
 getFlowerGardenTurn

弾幕結界用
 復活時の引継ぎはする → CvEventManegerの復活判定の辺りをいじる必要あり
 CvUnit.h CvUnit.cpp CyUnit.h CyUnit.cpp CyUnitInterface1.cpp セーブロード 初期化 コンバート
  m_iNumNowDanmakuKekkai
  m_iNumMaxDanmakuKekkai
  setDanmakuKekkai(now,max)
  getNowDanmakuKekkai
  getMaxDanmakuKekkai


スタックボーナス実装用
CvUnit.cpp
 getExtraCombatPercent


ペディア用
 GCにテキスト変換用コードを移植
CvDLLWidgetData.cpp .h
CvEnums.h
CyEnumsInterface.cpp
Cv,Cy GlobalContext.h.cpp

WIDGET_PEDIA_JUMP_TO_TOHOUNIT
WIDGET_PEDIA_CAL_UP
WIDGET_PEDIA_CAL_DOWN
CIVILOPEDIA_PAGE_TOHOUNIT

doPediaCalChange(struct,change)

Toho_SPell_By_F.xml
Text_Peia_By_F.xml


GCにgetTextToSpellInt( string , CAL)


STGルート用
CvUnit.cpp
 RangeStrike

弾幕回避率を設定
CvUnit.cpp
 countDodgeBullet

戦闘力計算用
CvUnit.h CvUnit.cpp CyUnit.h CyUnit.cpp CyUnitInterface1.cpp
 m_iTohoExtraCombatPercent
 m_iTohoBaseCombat
 countCombatBonus()
 getTohoExtraCombatPercent()
 getTohoBaseCombat()
 getTohoExtraCityDefensePercent();
 m_iTohoExtraCityDefensePercent


PromotionTypes promCom1 = (PromotionTypes)GC.getInfoTypeForString("PROMOTION_TOHO_COMBAT1");
PromotionTypes promCom2 = (PromotionTypes)GC.getInfoTypeForString("PROMOTION_TOHO_COMBAT2");
PromotionTypes promCom3 = (PromotionTypes)GC.getInfoTypeForString("PROMOTION_TOHO_COMBAT3");
PromotionTypes promCom4 = (PromotionTypes)GC.getInfoTypeForString("PROMOTION_TOHO_COMBAT4");
PromotionTypes promCom5 = (PromotionTypes)GC.getInfoTypeForString("PROMOTION_TOHO_COMBAT5");
PromotionTypes promCom6 = (PromotionTypes)GC.getInfoTypeForString("PROMOTION_TOHO_COMBAT6");
PromotionTypes promComS = (PromotionTypes)GC.getInfoTypeForString("PROMOTION_TEMP_STACK_BONUS");




 CvUnit.cpp .h CyUnit.cpp .h CyUnitInterface1.cpp
 Power値の追加 セーブロード対応、コンバートで維持
  m_dPower
  m_dOverflowPower
  getPower
  setPower
  
俺の嫁 セーブロードに対応
CvPlayer.h .cpp CyPlayer.h .cpp
m_iNumMyLove
m_iNumMadeMyLoce
getNumMyLove()
setNumMyLove()


偉人バーリセット用
 CvPlayer.h .cpp CyPlayer.h .cpp
 resetGreatPeopleThreshold()



スポンサーサイト
COMMENT (1)  TRACKBACK (1) 

COMMENT

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/01/15(火) 13:28:48 | | # [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

お久しぶりです。HDDがカタカタ言い出してマシンの動作がかなりヤバイFです。2.0を開発するといいながらこ
2012/10/24(水) 03:40:12 | まっとめBLOG速報 [Del

Copyright © フリップフロップ All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。