スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

群島パンゲマルチレポ

2009.10.11 *Sun
地図を見てもらえればわかりますが、
海面が高いため半分群島になってしまっています。

20091011_00.jpg


今回のマルチ参加者はこちら。
咲夜(F)
天子(personさん)
阿求(iesさん)
リリカ(tyourouさん)
魔理沙(alcaさん)
こいし(selamさん)
てゐ(N2さん)


今回は1.12人柱+マルチ用補正オプションを入れて、
さらに初手は追加された東方ユニットのみという縛りが入ってます。


初期立地はこんな感じ。まずまずといったところ。

20091011_01.jpg

しかし拡張していって、やたらと狭いことに気づきます。

20091011_02.jpg

右の米はてゐにくれないかと言われていて、
返事をごまかしているうちにとられてしまいました。

もっとも、そんな気はしていましたし、
左の方が色々詰まってるのでそっち優先したせいもあります。

左の門番詰め所は里の文化で最後までかなり押されっぱなし。
首都生産中のストーンヘンジは無事に完成しましたが、
これが後ほどちょっとした悲喜劇を引き起こします。

ちなみにめーりんは首都にスペカで花畑を作って世話をしています。
この後はPhanをとって内気功を配っていく予定。

さて、この辺りでてゐの都市がとてもおいしそうに見えてきます。

20091011_03.jpg

てゐは端っこに押し込められているようで、
銅があったので斧兵を作ってはいますが、
Rをかけるつもりは無いようです。

そしてこちらは幸運にも馬がおり、
この辺りでチャリRを仕掛けることに決定。
ターン数的にはかなり遅いのですが、
逆に向こうも油断してるかなと判断。

20091011_04.jpg

戦争直前の様子です。
約20ターンでチャリ11、斧1をそろえています。
対する向こうの守備隊は以前と変わらず。

これはもらった!

20091011_05.jpg

ということでてゐ国を丸ごと併呑。
途中で槍を出されたりもしましたが、
数の力と都市襲撃斧兵でさばいていきました。
上の方の3つ目の都市はさほど旨みもなく、
維持費が結構きつかったので焼却。

戦争中てるよのスペカ(ランダムで文明が無政府状態になる)を
使われましたが、魔理沙などから悲鳴は上がったもののこちらには影響無し。

初手めらんこかうどんげなら違っていたかもしれませんが、
今回はてるよの縛りだったので防衛もつらかったようです。


他の文明は戦争をしているようなことはなく、
この後は最終戦争までゆっくりぬくぬく。

もっとも、ちゃんと科学者を雇っていたにもかかわらず
GREAT HA☆GEが2連発でアカデミーがやたら遅れたましたが。
ストヘン自重しろ。

20091011_06.jpg

交易志向を活かすべく孤島を探していたら予想外に大量に見つかったの図。
すでにこいしも入植を開始していますが、この北の方にもここと同じくらいの
孤島が存在しています。

20091011_07.jpg

というわけで入植R。
ガレー入植なので天文学がいらず、孤島都市にストヘンによるモニュが建ちます。
文化を出しにくいこの時期の孤島なので非常にありがたい。
ストヘンかわいいよストヘン。

入植したうち下にある都市は孤島なのに非常に優秀で、
この時期の入植にもかかわらず、最終的にマスケ10弱を吐き出しています。


さて、この辺りからは最終戦争がちらほらと見えてきます。
今回はろくすっぽ外交をしていないので、
外交に関しては特に書くことがありません。

こちらと同じく天子のスコアが抜けているので、
どちらか、もしくは両方が世界の敵になるだろうことは
容易に想像がつきます。

問題は兵科ですが、戦争と拡張でGNPは高くありません。
ビーカー量はスライダー100%なら400超えるくらいあるのですが、
最終的に10都市にまで膨らんだ拡張と3都市からほぼ毎ターン
出てくる兵のせいで維持費がかさんでしまい、実際のビーカーは200ちょい。
大ハゲ二人定住&元てゐの首都で商人6人雇ってるんですけどね。


なのでライフルは諦めて騎士→胸甲騎兵を最終兵科に選びます。
主力としては若干物足りませんが、数さえいればなんとでもなります。
紅の時計台のおかげで兵がわらわらわら。

東方ユニットはめーりんは首都お留守番で、後二人はレミィと咲夜をコンバットに。
マルチ用補正が入っておりCALがろくに上がらないのでコンバットいきましたが、
後で思えばレミィはスペルに行って熱狂取ったほうがよかったですね。

兵の昇進は内気功2-3を選ぶつもりだったのですが、
おそらくCivの仕様のせいで取得できず。これは要修正ですね。
ちなみに内気功1~3をそろえると戦闘力+15% 自然治癒+45%です。


@10で一斉にみんなこっちに来るだろうと思っていたのですが実際は、
魔理沙がこいしに宣戦
リリカが阿求に宣戦
天子が阿求に宣戦




誰も来ない(´・ω・`)

海上奇襲やゆかりんのスキマワープを心配していたのですが、杞憂でした。
天子くらいこっちくるだろうと思っていたのですが、
大陸の端っこと端っこだったので阿求を食べることにした模様。

ちなみに感想戦で、
天子「天文学行って咲夜いけばよかった」なんて言ってましたが。

阿求は騎兵隊をそろえていますが、対する天子も歩兵です。
阿求「このままだと全部食われそう」と助けを求めてきたので、
全軍の6割に当たる胸甲50を天子軍に差し向けます。

この辺りで同期ズレがものすごくひどいことになっており、
操作ミスなんかが全員の間であったりなかったりした模様。
どうにか最後まで終わらせましたが、3,17の弊害らしいですね。
だからといっていまさら3.13に戻すのも非常に手間なので
できればやりたくありませんが…

さて、阿求を救うべく(ついでに天子を叩くべく)出向いた
胸甲騎兵部隊の行方ですが、天子に落とされた阿求都市にたどり着きます。

20091011_08.jpg

スクリーンショットが無く、同期ズレなどのためオートセーブからでは
完全に再現できなかったのですが、天子軍の陣容は概ねあってるはず。
実際はもうちょっと歩兵少なかったと思いますが。

20091011_09.jpg

こちらの半分の兵と引き換えに天子軍をほぼ全滅させ、
手薄になったところを阿求が取り返しています。
本当はこっちが占領したかった。

20091011_10.jpg

その後は天子に逆侵攻をかけていくのですが、
残念ながら歩兵の前に胸甲30ほどでは落としきれず。その上、

20091011_11.jpg

孤島の一つを海上奇襲でこいしに焼かれます。
人口の少ないとこで守備兵も少なかったので襲われました。
まぁ、人口が少ない分スコアへの影響も小さかったですが。

なんだかんだで最終的には勝てました。
初期配置は結構狭くてひどかったのですが、
てゐを丸々併呑できたのと、入植できる土地がやたらあったのが勝因ですかね。


レポ主であるN2さんは初期に滅んで(滅ぼして)しまったため、
今回はレポはかかれないそうです。
なのでグラフはこっちに載せておきます。

スコア
20091011_score.jpg
珍しく団子にならず綺麗に分かれています

GNP
20091011_gnp.jpg
天子と阿求のGNPがなかなかひどいことになってますね。
こいしは哲学&ピラの割りに、ほぼOCCだったせいかあまり伸びなかった模様。

生産
20091011_pro.jpg
咲夜と天子がぶっ飛んでいます。
こちらは土地の力ですが、天子は山の力。
阿求もひまわりの力なんかでがんばってた模様


20091011_food.jpg
こちらも同上ですね。

軍事
20091011_power.jpg
やっぱりこちらも咲夜と天子がぶっとんでいます。
どうしても低く見えてしまいますが、阿求も騎兵隊そろえてるんですよ?

文化
20091011_cul.jpg
特に言うべきところはありませんが、創造はやっぱり便利。

諜報
20091011_spy.jpg
ゲーム中、何度かスパイ被害による悲鳴が聞こえてきたのですが、
犯人は地霊のこいしではなく、リリカだったようです。


スポンサーサイト
CATEGORY : プレイレポ
COMMENT (1)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

胸甲騎兵60倒してまだあれだけいたとは
2009/10/11(日) 21:08:13 | URL | ぱーそん #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © フリップフロップ All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。